当社の強み

特許技術の木材乾燥

一番のこだわりは「木の乾燥」

特許技術で含水率15%以下。無垢は変形するという常識を覆しました。

無垢材選びのポイントは「含水率」

不十分な乾燥は「欠陥住宅」に直結!?

木の収縮による「すき間」は危険信号!
不十分な乾燥木材を使ったことで不具合が起こります。その中で一番怖いのは壁体中で起こる「内部結露」です。
木材の変形で出来たすき間から、屋内の暖気と屋外の冷気が壁の中で混ざり合うと結露が発生します。その結露が「恐ろしい連鎖」を引き起こすのです。
結露には壁の中にカビを繁殖させ、さらにカビの繁殖条件が等しい、気を腐らせる「木材腐食菌」が繁殖します。土台や柱を木材腐食菌が食い荒らし、災害時には倒壊する恐れも。

内装材で5%*以下、構造材で10%*以下の含水率基準

2002年特許を取得した夢ハウスオリジナル木材乾燥機「ドライランバー」。暖房機器の発達、高断熱高気密住宅の浸透に伴い、過酷な室内環境でも木材の変形を極限まで抑えることに成功しました。
※乾燥機出庫時の計測。出庫後、大気中の水分を吸い込んでも15%以下になるよう管理しています。JAS基準よりも厳しい基準をクリアしています。

乾燥技術の高さが実証されました

市販品の床材と夢ハウスの乾燥材を使い、同条件化で収縮実験を行いました。第三者機関において、市販品(JAS認定品)の含水率と同等な床板と夢ハウスの床板を同じ室内環境で60日間収縮の変化を観察しました。すると、驚きの結果が出たのです。いかに市販品の無垢材の含水基準が曖昧かが露呈しました。

省エネ

極寒にも強い独自の断熱材は30倍発泡

南極の昭和基地でも使用され、約40年間全く劣化がみられなかった。高性能な断熱材・ビーズ法ポリスチレンフォームを床や壁に隙間なく充填。主に新築の床下や壁内に施工します。
もっとも断熱性能が発揮される30倍の発泡倍率より、真冬でも暖房器1台で快適な生活を約束します。

耐震

地震に強い壁倍率3.3

在来工法の点で支える「筋交い」と比べ、面で支えるパネル工法は強さが3.3倍。これにより、開口部を大きくとることができ、大空間の家づくりが可能になりました。

床下構造

耐震は壁だけではない。床構造は一般在来の3.7

「地震に強い住宅」は主として壁の強度が挙げられますが、実は床も同じくらい大切です。大引を通常の2倍の間隔で配置し仕口で組みます。地震の揺れに床と壁でしっかりと支えるからこそ、中越大震災のような大地震にも耐えられるのです。

耐久

家の全てを支える土台は「最上級のヒバ材」樹齢1000年

昔から土台は「クリ・ヒバ・ヒノキ」といわれるように、家を支える土台には「目詰まり(年輪の細かさ)」と「殺菌作用」が重要。中でも夢ハウスのヒバ材は最上級。1000年の時間をかけ細かく重なった年輪は堅く締まっており、家全体の荷重を支える大きな役目を担っています。また、床下の湿気が多くなると、ヒバ特有の成分「ヒノキチオール」が殺菌効果を発揮し、シロアリや腐朽菌から家を守ります。住宅の土台としては、これ以上の材はないほど最も適した材料といえます。